Life Saving

最近注目されている家計診断|専門家に相談する利点とは

新生活の金銭管理

将来を見据えた資金計画

男女

年度の変わり目である4月は新生活が始まる季節です。社会人として独立し、親元を離れる人が多くなります。一人暮らしは自由を味わえる半面、お金の管理も自ら行わなければなりません。支出金額が収入金額を超えないようにすることはもちろんですが、それだけでは不十分です。将来は住宅を購入したい、結婚して家庭を築きたいと考えているのであれば、まとまった資金が必要になります。これらの夢がかなえられるのか、第三者が客観的に判断してくれるサービスが家計診断です。家計診断を行っているのは主にファイナンシャルプランナーです。通常はFPという省略名で呼ばれています。FPは金融に関する知識が深く、社会保険制度や税務にも精通しています。特に生命保険に関する相談を得意としているFPが多く、相談者個別の事情を鑑み、必要な保険とそうでない保険の仕分けを行ってくれるのです。FPに家計診断を依頼するにあたり、相談者が事前に整理しておく項目があります。大切なのは支出の内容を把握しておくことです。賃貸物件に住んでいる人であれば、自宅の家賃を聞かれてもすぐに答えることができるでしょう。しかし食費、日用品費、交際費といった支出は毎月固定の金額ではないため、ひと月あたりいくら使っているのか把握できていないケースも多いのです。1円単位まで計算する必要はありませんが、およそ平均的な金額はつかんでおかないと、適切な家計診断はできないのです。

保険を検討する

主婦

人生の三大支出と呼ばれるものに、住居費、教育費、保険費用があります。いずれも幸せな人生を築いていく上で重要であることは間違いありませんが、いつどこでどのくらい費用がかかるものか漠然とした不安をいただいている方は多いです。例えば良かれと思って医療保険や学資保険に加入したとしても、生活費を大きく圧迫してしまっては元も子もありません。特に保険は長期の契約となる場合が多く、途中で解約してしまうと大きく損失を被ってしまう場合もあります。保険に加入する際はしっかりと家計診断を行いましょう。保険会社の営業マンの中にはファイナンシャルプランナーの資格を持った方も多いです。そんな方にはぜひ家計診断をお願いしてみましょう。家計診断のおおよその方法としては、まず家族構成を確認します。次に家計の月収を確認します。その月収から貯金と場合によっては、貯蓄型の保険金料金などを除いた支出額をリストアップしていきます。支出は食費と日用品代、車にかかる費用、公共料金、通信費、レジャー費、教育費、住宅ローンなどです。この情報をもとにし、子供は大学まで進学させたいか、その場合は理系か文系か、大学院には行かせたいのか、などこれからの夫婦や子供のおおまかな予定や希望などを反映させると家計診断を行うことができます。これにより、いつどこでどのくらいの費用がかかるのかと、今入るべき保険の種類や額を判断することができます。家計診断を行ってくれる人を知らない場合でも、銀行に行って相談すれば、診断を行ってくれます。また最近ではインターネットのサイトでも簡易診断を行ってくれるようなものも多いです。保険は非常に多くの種類があり、何が自分に合っているか判断することが非常に難しいです。最適な保険を選べるよう、自分の家計の状況を把握することは重要です。

支出を見直すサービス

女の人

ファイナンシャルプランナーが行う家計診断サービスは、家計を見直したいまたは支出を見直しした人が利用します。このサービスは元々貯蓄が出来ていない家庭が、貯蓄が出来るようにはどうすれば良いか、無駄な支出はないかどうかを第三者やプロの目で見てもらいます。家計診断を依頼する家庭では、無駄遣いをしている認識が無かったり、無駄があってもどのように省けばよいかわからない家庭が多く、適切なアドバイスが必要です。さらにポイントは保険です。家計に占める保険の割合は高く、また保険は長期にわたって支払うものです。加入している保険の中身を確認するとともに、本当に必要な保障かどうかを見直す必要があります。加入している生命保険を見直すだけでも月々の支出が大幅に改善され、キャッシュフローがプラスに改善する場合もありますので、この点だけでもファイナンシャルプランナーの家計診断サービスを利用する価値は十分あると言えます。ファイナンシャルプランナーは近年無料相談会等を実施していますし、初回の相談料は無料としているケースも多々あります。家計診断はどのような支出があるかすべてを開示する必要があり、1度の相談では終わりません。定期的なアドバイスが必要となりますので、相談料は1万円〜5万円程度が相場となります。またファイナンシャルプランナーは家計診断と合わせてライフプランニングのサービスも行っており、合わせて相談する事で中長期にわたるキャッシュフローが大きく改善する可能性もあります。

新生活の金銭管理

男女

金銭管理が適切であるか判断してくれるサービスが家計診断です。家計診断を行うFPは保険分野のアドバイスを得意としています。相談者は事前に家計支出の内容を項目別に分類し、何にいくら使っているのか把握しておくようにします。

もっと読む

無駄な支出を減らすために

お金と通帳と印鑑

「家計診断」はファイナンシャルプランナーが診断してくれるもので、自分たちの収入に見合った生活をしているか見てくれます。また無駄なものがないかも見てくれるので、無理なく節約していくことも可能です。自分でお金の流れを理解してから家計相談することで、より的確なアドバイスをもらえます。

もっと読む

計算はアプリで簡単

主婦

家計診断は家計の収支を全て把握し、納得できる貯金額がどれくらいなのかを調べるために重要なポイントです。計算する場合は家計簿アプリやインターネットで簡単に計算できますが、ファイナンシャルプランナーに相談する選択肢もあります。

もっと読む